cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。
新製品! cFosSpeedのメーカーが作りました: cFos EVSE

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

Documentation Index

IPv6 Link function diagram

の特徴を一目で

  • IPv6のダイヤルは、Windows用のドライバを
  • 自動ルーティングおよびアドレスの設定
  • IPv4 <-> IPv6 DNS マッピング
  • DHCPv6のステートフル、ステートレス、Prefix Delegationの
  • 高速の10倍、Windows Vistaのドライバよりも速く
  • 設定可能なDHCPのDUIDを
  • VLANサポート
  • NAT46 は IPv4だけのアプリケーションです

何cFos IPv6のリンクですか?

新規格のIPv6ネットワークを利用した接続が可能

cFos IPv6 Linkでは、Windows 7、Vista、およびXPでIPv6を使用したダイヤルアップが可能です。

cFos IPv6 Linkをインストールし、ISPへのダイヤルアップ接続を設定すれば完了です! cFos IPv6 Linkは、新しいIPv6に接続するだけでなく、ルーティングとIPおよびDNSアドレスも自動的に構成します。

XPでは、cFos IPv6 LinkはIPv6アドレスのIPv4ベースのDNSクエリもマップします。

cFos IPv6リンクは高速です。 cFos Broadband Connectと同様に、XP/Vista/7に同梱されているPPPoEドライバー(十分に高速なインターネット接続)よりもはるかに高いスループットを実現します。

ロード時に、cFos IPv6 Linkは接続されたネットワークデバイスの自動検出を実行し、次のモードのいずれかに切り替えます。

  • ルーターモード cFos IPv6リンクがルーターまたはDHCPv6サーバーを検出すると、このデバイスを使用してデータをインターネットにルーティングします。
  • ダイヤルアップモード cFos IPv6 Linkは、ネットワークカードに接続されたPPPoEノード(DSLなど)を検出すると、インターネットプロバイダーへのPPP/PPPoE接続を自動的にまたはオンデマンドで確立します。
  • 混合モード cFos IPv6リンクは、(他のIPv6デバイスに関係なく)ネットワークカードに接続されたIPv4 DHCPサーバーを検出すると、すべてのIPv4トラフィックをこのIPv4ルーターに渡します。

これにより、IPv4とIPv6を同時に使用できます。 Windowsは、最初にアドレスをIPv6アドレスに解決しようとすることでIPv6を優先し、(まだ)IPv6アドレスが利用できない場合にのみIPv4を使用します。そのため、IPv4はIPv6のフォールバックです。

「PPPoEパススルー」をサポートするルーター(例:Speedport)では、混合モードが可能です。次に、IPv4トラフィックは通常どおりIPv4プロバイダーに移動し、IPv6トラフィックはPPPoEを介してIPv6プロバイダーに移動します。


技術的背景

cFos IPv6 Linkは、ルーターまたはPPPoEを介した既存のネットワーク接続を使用し、Windows 7、Vista、およびXPでIPv6を使用できます。 cFos IPv6 Linkは、DSLモデムまたは「PPPoEパススルー」(Speedportなど)を備えたルーターを介して、PPPoEでIPv4およびIPv6にダイヤルできます。


cFos IPv6リンクの利点

  XP Vista
Windows 7
IPv6 DNSクエリ / IPv4 <-> IPv6 DNSマッピング「はい」「いいえ」
IPv6 PPPoE/PPPダイヤルアップ「はい」「いいえ」
自動ルーティング構成「はい」「はい」
IPv6デフォルトルート「はい」「はい」
DNSサーバーの自動構成「はい」「はい」
DHCPv6プレフィックス委任「はい」「はい」
ポリシーテーブルの更新「はい」「はい」
IPv4専用アプリケーションのNAT46「はい」「はい」


cFos IPv6 Linkには次のコンポーネントがあります。

  • PPPoE
  • PPP IPv4/IPv6
  • IPv6 Neighbor discovery (ND) + DAD
  • IPv6 Router Advertisement
  • IPv6 DHCP (DHCPv6) statefull & stateless
  • IPv4 DHCP
  • IPv4 <-> IPv6 DNS Mapping
  • ISPへのIPv6ルーター要求
  • ISPによるDHCPv6

ISPとのオプションのステートフルおよびステートレスアドレスおよびルーティング構成は、IPv6ルーター要請およびDHCPv6を介して行われます。これにより、cFos IPv6 Linkは、IPv6アドレスプレフィックス、DNSアドレスなど、ISPによって割り当てられたすべてのパラメーターを自動的に決定および構成できます。


すべてのIPv6パラメーター/ DHCPv6プレフィックス委任の柔軟なネゴシエーション:

ISPとのオプションのステートフルおよびステートレスアドレスおよびルーティング構成は、IPv6ルーター要請およびDHCPv6を介して行われます。これにより、cFos IPv6 Linkは、IPv6アドレスプレフィックス、DNSアドレスなど、ISPによって割り当てられたすべてのパラメーターを自動的に決定および構成できます。

cFos IPv6 Linkは、インターネットへのDHCPv6クライアントにもなりました。これにより、ルーター通知だけでなく、DHCPv6プレフィックス委任によってもIPv6プレフィックスを決定できます。 (特に)シスコのルーターでテストしました。 cFosのおかげで、ISPはシスコが提案したDHCPv6 Prefix Delegationをエンドカスタマーに使用できるようになりました。

cFos IPv6 Linkは、ルーターアドバタイズメントのオプションを使用することに加えて、DHCPv6を介してDNSアドレスも取得できるようになりました。混合モードでは、IPv4 DNSサーバーのアドレスも使用されます。これにより、cFos IPv6 Linkは、手動で構成する必要なく、DNSサーバーにアクセスするためのあらゆる方法を使用します。

cFos IPv6 Linkは、広範なロギングおよびトレース機能を提供します。これは、IPv6時代の初めに特に役立ちます。 cFos IPv6 Linkは、たとえばWireshark互換のトレースファイルを作成できます。


Delegation of the Framed IPv6 Prefix from RADIUS Server to
cFos IPv6 Link
Delegation of the "Framed IPv6 Prefix" from RADIUS Server to cFos IPv6 Link

DSLおよびその他のブロードバンド構成を備えたcFos IPv6リンク

cFos IPv6 Linkは、複数のプレフィックスとDHCPv6プレフィックス委任オプションを次のように解釈します。

異なるプレフィックスを持つ複数のIPv6ルーターがcFos IPv6リンクによって検出された場合、送信元アドレスで最長のプレフィックスが一致するルーターにパケットを送信します。

DHCPv6サーバーまたはルーターからの64ビットより短いプレフィックスはWindowsに報告され、Windowsソフトウェアルーターがそれらをサブネット化し、64ビットのプレフィックスを他のデバイスに割り当てることができます。 cFos IPv6リンクが64ビットより短いプレフィックスのみを取得する場合、既存のプレフィックスの1つから0ビットで拡張することにより、64ビットのプレフィックスを1つ作成します。

これにより、cFos IPv6リンクは、DHCPv6およびRADIUSサーバーを使用したセットアップからのプレフィックスを処理できます。ルーターアドバタイズではフレーム化されたIPv6プレフィックスが、DHCPv6サーバー応答ではプレフィックスが委任されます。 RFC 3162およびRFC 4818を参照してください。


関連RFC:

イーサネットネットワークを介したIPv6パケットのRFC 2464伝送
RFC 3162 RADIUSおよびIPv6
RFC 3315 IPv6の動的ホスト構成プロトコル(DHCPv6)
インターネットプロトコルバージョン6(IPv6)のRFC 3484デフォルトアドレス選択
RFC 3587 IPv6グローバルユニキャストアドレス形式
動的ホスト構成プロトコル(DHCP)バージョン6のRFC 3633 IPv6プレフィックスオプション
IPv6の動的ホスト構成プロトコル(DHCPv6)のRFC 3646 DNS構成オプション
RFC 3736ステートレス動的ホスト構成プロトコル(DHCP)サービス(IPv6用)
RFC 4193固有のローカルIPv6ユニキャストアドレス
RFC 4429 IPv6の楽観的重複アドレス検出(DAD)
RFC 4443インターネットプロトコルバージョン6(IPv6)仕様のインターネット制御メッセージプロトコル(ICMPv6)
RFC 4472の運用上の考慮事項とIPv6 DNSの問題
RFC 4818 RADIUS Delegated-IPv6-Prefix Attribute
IPバージョン6(IPv6)のRFC 4861近隣探索
RFC 4862 IPv6ステートレスアドレス自動設定
DNS構成のためのRFC 5006 IPv6ルーターアドバタイズメントオプション
PPP上のRFC 5072 IPバージョン6
RFC 5175 IPv6ルーターアドバタイズフラグオプション
マルチプレフィックス環境でのデフォルトのアドレス選択に関するRFC 5220問題ステートメント
アドレス選択メカニズムのRFC 5221要件
RFC 5453予約済みIPv6インターフェイス識別子
draft: http://tools.ietf.org/html/draft-fujisaki-dhc-addr-select-opt-08


システム要求

  • Windows XP / Windows Vista / Windows 7
  • 32bit / 64bit (x64)
  • IPv4および/またはIPv6ルーターまたはDSLケーブルモデム(PPPoE)

ドキュメント

cfos6link.iniのパラメーター、セクション[param]:

   func_trace     0            ロギングレベル、0 =最小、1 =データ送信を除くすべての機能、2 =データ送信機能もログに記録
   dump_unknown_frames          1 =不明なPPPoEフレームをtrace.txtにダンプ、0 =非アクティブ化
   ipv4_router_addr             IPv4プライベートルーターアドレスIPv4 DHCPの場合、サブネットマスクは常に255.255.255.0です。デフォルトは192.168.42.1です。 
   allow_mixed_mode                   1 = DHCPv4が検出された場合にIPv4パススルーを許可(デフォルト)、0 =無効にする
   keep_ppinfo                  1 =各パケットのパケット情報ごとにNDISを送信する、0 =無効にする(デフォルト) 
   check_traffic                1 =ネットへ/からのパケットがチェックされる場合許可(デフォルト)、0 =すべてのパケットを送信
 default_use_ipv4 connections.iniのuse_ipv4値の
   default_use_ipv4            デフォルト値(デフォルト0 =許可しない) 
 default_use_ipv6 connections.iniのuse_ipv6値の
   default_use_ipv6            デフォルト値(デフォルト1 =許可) 
   ipv4_mcast_is_unicast        1 = IPv4マルチキャスト(クラスDネット)パケットをユニキャストパケットとして扱う、 
 0 =マルチキャストとして扱う(デフォルト) 

パススルーモード、セクション[パススルー]:

adapter1=substr
 adapter1=substr
 .
 .
 adapterN=substr
アダプタの説明に「 substr 」が含まれている場合、このアダプタのトラフィックは無視されます(パススルーモード)。 

電話番号の形式:

   パラメーターは任意の順序で表示できます。たとえば、 

d\aidx=x\serv=x\h=x\ac=x\to=x\tr=x\prio=x\vlan=x

パラメーター:      デフォルト:      意味: 

d任意の数字、無視
 aidx=x -1 -1 =自動検出、0..n =ネットワークアダプターのPPPoE x 
 (レジストリに保存されているアダプターインデックス) 
 serv= name                    発信コールのサービス名文字列
h=1 or h=0 1 host_uniqueタグの使用を有効または無効にします(1 =有効)) 
 ac=name文字列。PPPoEネゴシエーションを特定のACに制限するために使用できます。 nameはAC名のサブストリングである必要があります
 to=x 2000発信PPPoEの初期タイムアウト:サーバー応答のタイムアウト(ミリ秒単位) 
 tr=x 3タイムアウト時の再試行回数
 prio=x VLANパケットの優先度(値0-7から) 
 vlan=x VLAN ID 

connections.ini内の接続のパラメーター:

enabled 0 =無効、1 =接続が必要な場合はいつでもダイヤル
 dial_string 「電話番号の形式」を参照
 user_nameユーザー名
 password暗号化パスワード、セットアップを使用してパスワードを入力
 mru PPP最大受信ユニット、デフォルト1492 
 use_ipv4 0 =無効、1 =は、IPv4接続を使用
 use_ipv6 0 =無効、1 =は、IPv6接続を使用
 ipv6_prefix IPv6のプロバイダプレフィックスは、常に64ビットである必要があります例えば1111:2222:3333:4444/64個の
 idle_timeoutの数接続が終了するまでの非
 ipv6_dns1秒数。デフォルトは0 =常に
 ipv6_dns1フル128ビットIPv6 DNSアドレス
 ipv6_dns2フル128ビットIPv6 DNSアドレス

ポリシーテーブルの調整とNAT46


cFos IPv6 Linkのドキュメント。